WeChat 暗号通貨関連アカウント閉鎖

中国はWeChat社のソーシャルアプリで多数のブロックチェーン関連のアカウントを閉鎖した。

WeChatの正式な公的アカウントでブロックチェーンと暗号通貨に焦点を絞った

オンラインメディアの8つ以上が火曜日の夕方に閉鎖された。

WeChatの運営会社Tencentは、「ICO(初期コイン・オファリング)に

関する情報の公開と暗号通貨取引の疑い」があるため、

これらのアカウントを永久に停止したと発表した。

チャットアプリ内のコンテンツプロバイダに「国益」と「公序良俗」を要求する

中国のサイバースペース管理している。

この事件は、昨年9月に始まった中国の暗号通貨に対する継続的な取り締まりの最新の例である。

中央銀行は、ブロックチェーンを採用するという政府の取り組みにもかかわらず、

金融安定への懸念から、個人投資家が暗号通貨に関与しないようにすることを明確にしている。

WeChatのブロックされたアカウントは、暗号通貨の価格にタイムリーな情報を提供し、

ブロックチェーン関連のプロジェクトをレビューしていた。

Jinse CaijingやHuobi Newsなどの最も人気のある

ブロックチェーンのニュースプラットフォームの一部であり、

そのアプリやサイトはまだ稼動している。

声明の中で、世界最大級の暗号通貨取引所であり北京に本社を置くHuobiは、

WeChatの「産業メディアをターゲットとする広範な行動」

としてニュースサイトの閉鎖を認めた。

[参考 South China Morning Post