ベトナムで最初の公式暗号資産取引所が取引スタート!

暗号資産の採用に関して、ベトナムはついにアジアの近隣諸国に追いついてきた。

東南アジアの国々はLinh Tanh Groupが作るベトナムで最初の公式暗号資産取引所を歓迎している。

興味深いことに、スイスのブロックチェーン中心の企業、Kronn Ventures AGがその動きの背後にある。

Kronn Ventures AGは、Linh Tanh Groupと正式に覚書(MOU)を締結した。

Linh Tanh Groupはベトナム最大の流通会社である。

この提携は、アジア諸国における「暗号資産の生産と暗号資産取引所の確立」への道を開くだろう。

取引所のライセンスも取得されている。

Kronn Ventures AGは、スイスのツークに本拠を置き、世界の暗号資産コミュニティによって暗号資産の「シリコンバレー」として知られている。

この地域はブロックチェーンのスタートアップやあらゆる種類の企業を魅了し、「Crypto Valley」というニックネームをもたらした。

 

一方中国がしばらく前から暗号資産分野を取り締まってきたという事実を考えると、どのアジア諸国がブロックチェーンイノベーションの中心になるのか疑問に思う人はたくさんいる。

この動きは、日々の取引量で世界最大の暗号資産取引所であるバイナンス が、暗号資産規制当局がより友好的であると同社が感じる他国での前哨基地を設立することさえ引き起こした。

また、中国と同じ大陸国で人口も2番目に多いインドは、まだ暗号資産規制に関しても不透明である。

大陸には暗号資産規制についてはっきりしていない強力な国々があるが、ブロックチェーンの仕事がアジアでこれまで以上に要求されていることに関しては止めていない。

暗号資産市場がその時価総額でピーク時から数千億ドルを失ったと考えると、多くの暗号資産の支持者はベトナム初の暗号資産取引所には意味があると信じている。

[引用 coingeek]