楽天バイバー ロシアで暗号通貨サービス

 インターネット企業「バイバー」が、

親会社である楽天の暗号通貨のロシアにおけるサポートと現実の通貨への交換について、

1年以内の開始を予定しているとのこと。

 

バイバーのジャメル・アガオワCEOによると、

「ロシアではユーザーがウォレット内で暗号通貨をロシアルーブルに転換したり、

買い物目的で支払ったりできるようになる公算が大きいが、

銀行を通して暗号通貨を現金として引き出すことはできない」

という。

バイバーは、アプリでテキストや音声、動画メッセージのやり取りを行うためのサービス。

世界の193カ国で利用可能になっており、ロシアにおける積極的なバイバーユーザーの数は、

1カ月当たり4500万人となっている。

楽天は、2005年からは日本国外でも活動しており、2014年にバイバーを買収している。

[引用 Sputnik 日本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です