暗号通貨企業の救世主!シルバーゲート銀行

暗号通貨企業はすべての主要国において銀行サービスを

拒否されていることが多い。

銀行が暗号通貨企業に必要な銀行サービスを提供するために

先進することは暗号通貨企業にとっては救世主になる。

暗号通貨企業を支援したシルバーゲート銀行は、

米国で暗号通貨企業にとって救世主の1つである。

シルバーゲート銀行の親会社であるシルバーゲートキャピタルは

米国証券取引委員会(SEC)にIPOを提出している。

同社はニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式をティッカーシンボルSIで

考えており、このIPOで約5000万ドルを調達する計画だ。

提起された資金は、一般的な企業目的、

長期債務の返済およびその他の成長関連活動に使用される。

シルバーゲートは、多くの著名な暗号通貨の新興企業の支援銀行である。

480以上の暗号通貨企業の顧客には、

新興企業も多数含まれている。

Kraken、Gemini、Paxosはその名の知れたクライアントの一つである。

2017年にはデジタル通貨部門から17億ドルの収益を上げた。

同社の暗号クライアントのリストは今後も拡大し続けるだろう。

シルバーゲートは、従来の貸し手から暗号通貨事業の

非利付預金サービスの提供者に焦点を移したことも明らかになった。

シルバーゲートは、暗号通貨銀行サービスの市場が近い

将来に約400億ドルに達すると予想している。

また、昨年、暗号通貨交換所とその顧客間の瞬間的な移動を可能にする

Silvergate Exchange Networkという

独自のネットワークを立ちあげている。

[引用 CRYPTO NEWS]