サムスンのギャラクシーS10に暗号通貨ウォレット搭載

3月8日、サムスンは新しいスマートフォンであるギャラクシーS10に暗号通貨のウォレットを搭載させると発表した。

Samsung Galaxy S10スマートフォンは、2月20日に初めて発表された。

この新しいデバイスが暗号通貨をサポートするという噂は以前からあったが、どのような内容かはまだ明確ではなかった。

2月20日、スマートフォンはSamsung Knoxと一緒に配信されることが発表された。

これはユーザーが自分の秘密鍵の保存を可能にする機能である。

その1週間後のMobile World Congressで、S10デバイスが4つのトークンをサポートすることが発表された。

これらは、bitcoin(BTC)、ethereum(ETH)、COSMEE(COSM)、およびenjin(ENJ)である。

新しいデバイスは当初、COSMEE、enjin、CryptoKitties、CoinDuckの4つの分散型アプリケーション(dApp)をサポートする予定である。

COSMEEは、ユーザーがCOSMトークンを獲得して使用することを可能にする化粧品および美容業界のためのdAppである。

Enjinはゲーム関連の暗号通貨であり、Enjin Walletは、ERC-20トークンを送受信することができる。

Samsungとのコラボレーションの発表後、Enjinコインの価格は550%以上上昇した。

CryptoKittiesは、ブロックチェーン技術で動作する最初のゲームである。このプロジェクトはすでに2800万ドル以上を集めている。

Coinduckは、QRコードを使用して起業家との支払いを可能にするdAppである。

[引用 dongA.com]