ロシアが暗号通貨を規制しつつ独自の石油支援暗号通貨を発表

ロシアの州下院議員は、保留中の暗号通貨規制法案の決議を可決することを計画している。
と地元の情報筋は伝えた。

国家政権下の経済政策委員会の委員である

オルガ氏は、ロシアの議会が暗号通貨規制

を最終段階に導いたと述べた。

ロシア中央銀行のビットコインやその他の

暗号通貨に対する保守的な姿勢とは対照的に、

オルガ氏は、これらの資産を統合するための

ビジネスに優しいフレームワークに取り組んでいると語った。

オイルバック暗号通貨発行

ロシアは暗号通貨にやさしい国家になることを望んでいる。その最初の大きなかけとして石油支援の暗号通貨を発行する。

元エネルギー相のイゴール・ユスフォフ氏によると、ロシアはペトロドルの暗号通貨版を発行する最終段階にあるという。

ファンドエナジーの創設者ランブラーに、貿易やその他の財政的制限を回避しようとしていると語った。

彼はまた、他の産油国も米ドルのペトロドルに頼らずに石油とガスの輸出を増やすことを目指していたと主張した。

彼の声明からの抜粋

「OPEC +加盟国は世界の石油埋蔵量の2/3以上を管理しています。彼ら自身の利益のためのそのような組合は論理的であるだけでなく経済的にも正当化されるでしょう。」

CIS諸国での発売

ロシア、イラン、ベネズエラなどの産油国は、現在ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任している間に制裁を受けている。

例えば、ベネズエラは制裁を回避しようとし、石油を使ったペトロと呼ばれる暗号通貨を発表した。

それにもかかわらずトランプ大統領は、ペトロが関与する米ドルベースの金融取引を禁止する大統領令に署名した。

一方、ロシアは、そのクリプトオイルプロジェクトの拡大に​​関しては、より慎重になっている。

ユスフォフ氏は、彼らが最初にCIS諸国でクリプトオイルプロジェクトを開始すると述べた。

この動きは彼らの計画への米国の干渉を最小にするだろう。

同時に、それは政府がCISでエネルギー生産者と消費者の間で最初に枠組みを設定することを可能にするだろう。

 

[引用 CCN