ロールスロイスなどビットコイン支払い受入

ロールス・ロイス、ベントレー、ブガッティのディーラーはビットコイン支払いを受け入れると発表した。

米国ヒューストンにあるロールス・ロイス、ベントレー、ブガッティなどの高級車販売店

POST OAK MOTOR CARS(ポスト・オーク・モーター・カーズ)はBitPayを

通じてビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)

での支払い受け付けを開始した。

オーナーのティルマン・フェルティッタ氏は、

最高級の高級車販売店であることから、

常にお客様に最高の購入体験を提供したいと考えている。

BitPayとのパートナーシップにより、

「世界中の誰もが迅速かつ簡単に車を購入できるようになる。」と話した。

今回のビットコイン受入れの理由はビットコインの上昇がフェルティッタ氏の関心を引いたからである。

ラグジュアリー市場へのビットコイン支払いは広く普及し始めている。

億万長者投資家のBarbara Corcoranが「暗号通貨を利用して、

不動産の売買ができるようになることは理想的である」と話すように、

不動産業界への普及もみられる。

さらに今年の初め、アメリカの大手自動車メーカーのフォードは、交通の流れを促進するため、

仮想通貨の交換を含む車間通信システムに関する特許を出願した。

徐々に暗号通貨の普及が広まるにつれて市場も回復していくだろう。