暗号通貨業界の成長には規制が必要

世界中に4,450を超える暗号通貨ATMが設置されており、1年間で62%増えた。

最近のCrypto ATM Marketのレポートによると、今後5年間で年間平均成長率は少なくとも46%に達すると予測されている。

さらに、レポートは投資金額が現在の1850万ドルから850%以上成長し、1億8,300万ドルに達すると予測している。

全世界で登録された2,750のATM設備のうち、米国に最大の数が設置されている。

しかし、フィリピンでの※2ウェイ(双方向)暗号通貨ATMの設置は、アジア太平洋地域で暗号通貨に注目が集まっていることを示している。

すでに6つの暗号通貨取引所がフィリピンで活動することを許可されており、同国の成人人口の少なくとも10%が最も人気のある取引所であるCoins.phを使用している。

ヨーロッパと北米が暗号通貨ATMの設置スペースを支配しているが、アジア太平洋地域は可処分所得の増加と暗号通貨の人気の高まりにより、より速いペースで成長すると予測されている。

暗号通貨ATMは、入金、出金のための便利な方法をユーザに提供することが期待されている。

各国政府の規制は、暗号通貨ATMの大量設置に関して大きな障害となっている。

暗号通貨は匿名で分散しているため、業界を規制し、暗号通貨の受け入れと採用を世界規模で推進することが困難である。

暗号通貨とブロックチェーン技術の可能性を実現するために、フィリピン政府はこの分野を指導する法律を積極的に開発した。

Quponの創設者兼CEOであるJoseph Oresteは、政府による暗号通貨の規制に同意し、さらなる監視を求めている。

不正は今日の多くのプロジェクトで大きな問題である。

明確な業界規制の欠如は、次世代の分散型プラットフォームおよびアプリケーションを構築するために必要な投資の流れを妨げる。

Oreste氏は、この部門が最大限の可能性を実現し信頼できるものになるためには、ステークホルダーにとって重要な役割を果たすことが重要であると指摘している。

コンプライアンス法的条項との適合は、暗号通貨業界の成功を確実にするための重要な側面である。

一方米国では、暗号通貨取引所はすでに法規定を遵守している。

Quponでは、投資家を保護するためにSECおよび規制要件を順守していることを確認するため、弁護士と緊密に協力している。

これらの発展により、フィリピンは暗号通貨の採用と規制に関して、アジア太平洋地域のリーダーとしての地位を確立することになるだろう。

最近、フィリピン中央銀行はICOおよび為替規制の草案を発表し、スイスで採用された基準に基づく政策措置を概説した。

暗号通貨の採用レベルが他のアジア太平洋諸国と比較して高いことを考えると、この国の産業の成長状況を観察することは興味深いことだ。

[引用 IRISH TECH NEWS] ※2ウェイ(双方向)暗号通貨ATM…暗号通貨、法定通貨取引など複数のオプション提供ATM