リップルで不動産購入可能

今までビットコインやイーサリアムでは不動産が買えましたが、Ripple(リップル)社が プロピー社と提携し、仮想通貨「XRP」で世界中の不動産を購入可能になりました。

アメリカのサンフランシスコに本拠を置くPropy社は、フィンテック系のベンチャー企業です。ブロックチェーンベースのプラットフォーム「Propy」を運営し、世界中の不動産を仮想通貨で取引できるようにしました。

「Propy」では、すでにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)による決済に対応していますが、そこへ新たにリップル(XRP)が追加されました。

リップル(XRP)が送金通貨としてではなく、決済通貨として採用されたということで、仮想通貨市場にとっても良いことです。

Propy(プロピー)社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です