フィリピンが暗号通貨規制の枠組みを発表!投資家保護のため

フィリピンは、Cagayan Economic Zone

Authority(CEZA)を通じて暗号通貨規制

の枠組みを発表した。

Asia Blockchain and Crypto Association

(ABACA)は新しい規制を執行するための

自主規制機関となった。

このフレームワークの主な目的は、投資家

保護と、ユーティリティトークンや

セキュリティトークンを含む暗号資産の

取得などの問題に影響を与える規則を伴う

一般的な暗号通貨規制です。

ラウル・ランビーノCEZA管理者

および最高経営責任者(CEO)は、

Digital Asset Token Offerings(DATO)は、

フレームワークでラベル付けされている

ため、発行者とプロジェクトに関する

詳細を含む適切な提供文書を持っている

必要がある。また、専門家による

助言や認証も必要。また、DATOは、

認可されたオフショア暗号通貨交換と

して記載されている必要がある。

このフレームワークは3段階の投資と

資産を提供し、各分類は異なるレベル

の規制の対象となる。

ティア1には、デジタルトークンで

支払われる500万ドルを超えない資産と

投資が含まれる。ティア2は600万ドル

から1000万ドルの投資をカバーし、

ティア3は1000万ドルを超える投資を

カバーする。

ICOの話題は、昨年6月に、暗号通貨

投資家を保護するための規則を作成し

ていると発表したフィリピンでは、

まだ話題になっている。Lambinoは、

昨年6月のグローバルブロックチェーン

サミットで、CEZAが発行するICO

ライセンスの数を25に制限すると述べた。

しかし、今年初めフィリピン証券

取引委員会(PSEC)は、ICO規制

に関する評決を下す準備はできて

いないと述べた。

これらの新しい規制は、フィリピン

におけるより堅牢なブロックチェーン

と暗号通貨の枠組みの第一歩である。

特にICOに関しては、取り組む必要

がある問題がまだある。

規制当局と法執行機関に協力させる

ことで、フィリピンの暗号通貨業界を

促進し保護する法律を起草することが

可能である。

[引用 AMBCRYPTO]