サムスン(SAMSUNG)が独自の暗号通貨サムスンコインを開発中

韓国のサムスン(Samsung)は独自のブロックチェーンメインネットのフレームワークを構築し始めたという。

そのブロックチェーンが間もなく公開される可能性がある。

これにより開発中のイーサリアム(Ethereum)ベースのサムスンコイン(Samsung Coin)トークンを、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)と並んで取引できるようになる。

サムスンは1年の大部分の期間にわたってブロックチェーンネットワークの調査と開発を専門のタスクフォースが行っている。

またタスクフォースは多くの関連サービスに取り組んでいる。

サムスンコイン用のウォレット

SamsungがSamsung CoinのためにギャラクシーS10にBlockhain KeyStore暗号通貨ウォレットを開発した。

このウォレットは、世界で最も使用されているビットコインが使えない仕様。

使えるのはイーサリアム(Ethereum)ベースのトークンのみである。

[参考 SAMMOBILE]