プレスリリース NetCentsテクノロジーがCrypto Banking Stack(CBS)を開始を発表

2019年3月7日 NetCents Technology Inc.

Crypto Banking Stack(CBS)を発表した。これは銀行、金融機関、

そして法定通貨のための既存のプラットフォームへの暗号通貨口座、取引および機能性を促進するレールである。

 

同社のCrypto Banking Stackは、金融機関が既存のハードウェアとソフトウェアを使用して、

完全に統合された暗号通貨処理とトランザクションソリューションへのアクセスを顧客に提供することを可能にする。

この実装では、従来のシステムにわずかな変更を加えるだけで済み、

社内独自の暗号通貨処理テクノロジーを開発および維持する必要がなくなる。

これにより、長期にわたり費用のかかる開発サイクルを必要とせずに、

低コストの暗号通貨対応処理ソリューションを迅速に実装できる。

CBS APIを介して統合された金融機関は、現在のオンライン銀行プロファイルから

アクセス可能な暗号通貨銀行サービスを顧客に提供することができる。

暗号通貨銀行口座は、普通預金口座と同じ機能を持つ。

これには、さまざまな暗号通貨のウォレットの追加、譲渡、入金、引き出し、支払い、取引の表示が含まれる。

そして彼らの暗号通貨銀行口座を既存のデビットカードにリンクする。

Crypto Banking Stackは、口座名義人に彼らの暗号通貨銀行口座と通常の銀行口座間の残高を変換して移動させる機能を提供することができる。

CBSを通じて最初にサポートされる暗号通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、およびライトコインである。

 

NetCentsについて

すべての暗号通貨決済の取引の中心であるNetCents Technology Incは、

暗号通貨市場のリスクやボラティリティを損なうことなく、

暗号通貨処理を決済モデルにシームレスに統合するためのテクノロジーを将来のビジネスに提供する。

NetCents Technologyは、FINTRACのMoney Services Business(MSB)として登録されており、

これにより、消費者のセキュリティとプライバシーが保証される。

企業Webサイト(www.net-cents.com)

[引用 MarketWatch]