マイニングの現状

暗号通貨のマイニングが以前とは異なってきている。

昨年、高性能コンピュータを使用して暗号通貨を獲得する

マイニングは、地下室や寮の部屋に設備を設置したりと、

会社員にとっても有益な副業となっていた。

しかし、GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)

を含むキットを使用した暗号解読のためのマイニング作業は

もはや有益ではなくなってきている。

マイニングに使用する高性能コンピュータは、24時間稼動し、

複雑な数学の問題を解決するために

世界中の他のコンピュータと競合している。

コンピュータがその操作を完了することができる

「ハッシュレート」、すなわち速度は、

今年、イーサリアムのために大幅に減少した。

より高いハッシュレートは、マイナーにとっては有利で、

次の「ブロック」を見つけて

暗号通貨の報酬を得る機会を増やす。

CoinDeskのデータによると、

イーサリアムの価値は今年205ドル近くで取引され、

今年70%以上低下した。これらの要因の組み合わせは、

エヌビディアの主力グラフィックスカードGPUを使用したマイニングが、

もはや有益ではないことを意味している。

サスケワナの半導体アナリスト

Christopher Rollandは顧客に注意を喚起した。

エヌビディアがダメージを受けた

半導体チップメーカーのエヌビディアは結果として売上を失った。

同社の暗号通貨関連収益は、四半期で

約1億ドル減少したとRolland氏は語った。

彼は先日の第3四半期の報告書で、

同社の暗号通貨関連の収益は「ほぼゼロに近い」と予想していた。

「第3四半期の暗号通貨関連GPUの売上高は、

C3Q18の見通しの中に暗号通貨関連からの寄与を含まないという

経営者の事前の解説と一致して、ほとんど見積もっていない」

とRolland氏は述べた。

イーサリアムの価格が2018年初頭から-70%を

下回ったため、3Q18のマイニングの採算性は

引き続き低下した。

マイナーがエヌビディアのグラフィックスカードに

依存していたため、

エヌビディアは昨年末の暗号通貨ブームの大きな受益者だった。

2月には、ウォール街の予想を上回る第4四半期の報告書が、

暗号通貨関連の大きな需要を示した、株式は急騰した。

しかし、チップ在庫は、10月の市場修正の間に激しくなった。

過去1ヶ月で23%の株価下落となり、今年は赤字となった。

ローランド氏は、同社の業績報告、特に今四半期の予測では、

ウォール街を失望させる可能性が高いと述べた。

彼は中立からの会社の “肯定的な”評価に株式を

アップグレードしているが、目標株価を250ドルから

230ドルを引き下げた。

[ 引用 CNBC