ミレニアル世代 仮想通貨投資に積極姿勢

ミレニアル世代の人々は仮想通貨への態度を変えている。現在12万人以上のアイルランド人が仮想通貨を保有し、

ここ数年で投資家の数が急増。

大多数の投資家がビットコインを保有し、次にライトコインとイーサリアムを保有。

この調査は、人々が興味を持っていても、業界全体の理解度は依然として低いことを示している。

以前より多くのアイルランド人が通貨を保有

現在、アイルランド人の約12万人が暗号通貨を保有している。

ビットコイン取引参加者も含めると約18万人になる。

この調査は16歳以上で1,000人以上の参加者によって実施された。

調査機関

レッドフラッグ(Red Flag)

アマラック・リサーチAmarach Research

人口統計情報

最も真剣に仮想通貨投資をしているのは、25〜34歳のミレニアル世代の人々の間に存在する。

この年齢層の人々は、他の人よりも仮想通貨を保有する割合が3倍高くなる。

投資家は男性と女性の両方で同様であり、男性は女性よりわずかに高い傾向がある。

これらの投資家の約44%がビットコインを保有し、30%ライトコインを保有し、

27%がイーサリアムを保有している。

投資家が増加しているにもかかわらず、業界全体の理解はまだ低い。

調査対象ユーザーの約3分の2は、

ブロックチェーンについて聞いたことない。

考え方の変化

この調査では、仮想通貨に対する考え方が「疑い」から「好奇心」に変化したことも示唆されている。

これらの暗号通貨のメディアカバレッジが増加するにつれて、人々はそのコンセプトにもっと興味を持っている。

2014年のアマラックの調査では、市民の50%以下がビットコインを認識していることが強調されていた。

その数は2018年には85%に増加した。

 

[引用 6月12日 アイリッシュ・タイムズ紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です