LINE 仮想通貨関連ファンド設立

LINEは仮想通貨関連ファンドを設立したと発表した。投資枠は1000万ドル(約11億円)。

ブロックチェーン(分散型台帳)関連のスタートアップ企業に投資する。

独自技術を持つスタートアップとの連携を通じて、

7500万人に上る対話アプリの利用者をベースにした独自の仮想通貨網の構築を加速する。

仮想通貨関連事業の子会社LVCの傘下にベンチャーファンドの

「アンブロック・ベンチャーズ」を設立し香港に拠点を構える。

アーリーステージ(初期段階)の海外企業を主な投資対象とする。

LINEが海外で運営している仮想通貨交換所「ビットボックス」との相乗効果も見込む。

LINEは6月の事業戦略説明会で、

ブロックチェーン技術を使って独自の「経済圏」をつくる構想を示した。

構想実現に向けて技術力のあるスタートアップとの関係を強化するため、ファンドの設立を決めた。

[引用 日経新聞