なぜ韓国が暗号通貨に大きな役割を果たすのか

世界的なイノベーションで知られるハイテクのハブとして、

韓国が暗号通貨の世界に大きな役割を果たすことは

驚くことではない。

為替量、最近の経済史、規制、動向に関する既存のデータを見直すことによって、

トークン化されたフィンテック資産運用会社がいくつかの興味深い結論に達した。

既存の証拠に基づいて、5000万人の住民と世界のトップ15の経済圏の国は、

暗号通貨を受け入れる上で大きな役割を果たすと考えられている。

これは、為替インフラストラクチャー、高い技術水準の採用、

国の規制および税制の枠組みなどの要因の組み合わせによるものである。

暗号通貨に優しい国

世界でトップに位置する暗号通貨に優しい国をリストアップすると、

マルタ、シンガポール、スイス、エストニアなどになる。

しかし、ハイテクに対する飽くなき貪欲さを持っている韓国人は、

人口の面で優位を取っている。

実際、韓国人は全世界の暗号通貨取引の約30%を占めており、

給与労働者全体の約30%が何らかの種類の暗号資産を所有し取引している。

確かに、その国の最近の経済史と成長は要因だが、

小さい国では、高度に開発された暗号通貨取引所の有無にもよる。

韓国のインフラ

韓国は、同国最大の取引所であるBithumbは、

過去30日間に米ドルでの取引量(11月22日時点)の上位にランクインしている。

韓国は非常に発展した暗号通貨取引所を持っている。他にUpbit、Coinone、

Korbitがあるが、市場の大部分は、BithumbとUpbit(86%)によって争われている。

Cindicatorのアナリストは、

「韓国の取引所がアジアの暗号通貨を分析するうえで

重要な要素であることは間違いない」

と述べた。

Coinoneはブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいる。

Bithumbは最近、Qoo10と提携して支払いサービスを発表した。

この会社は広く「アジアのアマゾン」として知られている。

デブロック(Deblock)のようなアクセラレータプロジェクトを含む、

ブロックチェーン技術を主流にしている他の多くのビジネスもある。

さらにCindicatorのアナリストは以下のように述べた。

「韓国は、世界中で暗号通貨の導入を

推進する上で重要な役割を果たすだろう」

[引用 CCN Cindicator