ジャマイカ証券取引所とカナダのブロックステーションが提携

8月14日ジャマイカ証券取引所(JSE)は、提携先としてカナダのフィンテック会社

Blockstation(ブロックステーション)を選択したと発表した。

この協力は、投資家が安全な規制枠組みの中で取引できるようにすることを目的としている。

JSEは、MOU(Memorandum of Understanding)を締結し、同社とのさらなる協力を可能にした。

カナダの会社は、Blockstationのエンドツーエンドの電子通信ネットワークと注文管理のために、

JSEのための選択でした。

ブロックステーションは、ブローカー・ディーラーおよび投資対象顧客の

ブロックチェーン・トークンの清算と決済にも役立つ。

新しいパートナーシップともたらす可能性のある利益に言及すると、

JSEのマネージングディレクターMarlene Street Forrest は、

「私たちは、クライアントとのこのサービスを実現し、

投資家のデジタル資産への関心を十分に満たしています。

また、資本市場に革新をもたらす最前線にいることを誇りに思っています。

Blockstationが提供するトレーニングとサポートに基づいて前進し、

公正な市場を確保するためのトレーディングプラットフォームに

おなじみのコンプライアンスルールが組み込まれているため、

我々は非常に快適です。」

この提携により、JSEはオンライン暗号通貨取引および

トークン取引プラットフォームを導入する

最初の国際証券取引所の1つになる可能性がある。

JSEとブロックステーションについて

1968年に設立されたジャマイカ証券取引所は、1969年に事業を開始した。

世界連盟(WFE)の連合加盟国である。

取引所は、世界クラスの規制を誇る効率的な電子市場を提供する。

また、取引および決済システム、決済保証およびリスク管理も提供している。

トロントに本拠を置く非公開会社Blockstationは、

国際的な証券取引所とそのブローカー・ディーラー・ネットワークに、

規制枠組みの中で暗号通貨取引の取引、決済に関する最高のソリューションを提供している。

同社のスマートECN(電子通信ネットワーク)は、

金融機関のさまざまな要件を満たすように設計されている。

[引用 UNHASHED]