イタリアのサッカークラブ 暗号通貨で買収

イタリアのセリエCサッカークラブリミニFC1912は、史上初めて暗号通貨で購入された。

ジブラルタルに拠点を置く、投資家のための暗号通貨支払い方法を提供する

ブロックチェーンテクノロジを使用するQuantocoin社

リミニFC1912を暗号通貨Quantocoinで買収した。

Quantocoinのパートナーであるパブロ・ダナ氏によると、

買収は同社が業界で成し遂げたいと考えている最初のものになると述べた。

彼は、カタールが2022年にワールドカップを開催する権利を票を買って獲得した

という非難や、現金を含む数々のスキャンダルによって揺さぶられた

スポーツの汚職と戦う機会を提供すると信じている。

ブロックチェーンを実行するQuantocoin支払いシステムは、

自律的で壊れにくく、常に更新されるノードのシステムを通じて支払いが行われると、

すべての事例を記録する。したがって、サッカー関係者、選手、

代理店の間で支払われる金額は、バックハンドや賄賂が支払われないように継続的に監視することができる。

「UEFAが取り入れたいアイデアを正確に実践している。」

とダナは説明する。

「これはサッカーの透明性であり、我々は

Quantocoinプラットフォームを通じて汚職を減らそうとしている」

サッカーの世界、特にヨーロッパでは確かに暗号通貨の採用がますます増えている。

UEFAは、暗号通貨について公式の声明を出さなかったが、

クオンタコインのような暗号通貨の使用は、

腐敗、詐欺、マネー・ロンダリングに対抗するための2017年の新しい対戦防止策に適合する。

例えば、UEFAは、次のシーズンの欧州クラブが、選手の賃金や代金をエージェントに

どれだけ費やしているかに関する情報を公開しなければならないことを明らかにした。

ブロックチェーン技術の性質は、これが正確に行われることを保証することができる。

また、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの

UEFAスーパーカップ決勝トーナメントでトライアルを成功させた際、

携帯電話ベースのブロックチェーンアプリケーションを介して

先週、Brighton&Hove Albion、Cardiff City、Crystal Palace、Leicester City、

Newcastle United、Southampton、Tottenhamの7つのプレミアリーグチームが

英国の取引プラットフォームeToroと提携した。eToroの広報担当者は、

「これらのパートナーシップは、ビットコインによって提供される機会を

サッカーにもたらすための第一歩である」と語った。

取引の一環として、各クラブはeToroのデジタルウォレットを試用し、

将来的にはビットコインで選手を購入するために使用することができる。

確かに、この考え方は実際にはうまくいくかもしれない。今年の初め、

トルコ側のHarunustasporは 22歳のOmar Faruk Kirogluをビットコインで支払い獲得。

世界初の選手を購入するために暗号通貨が使用されたという新たな歴史を作った。

パブロ・ダナは、暗号通貨とのコラボレーションがサッカーの世界にもたらす可能性を考えると、

興奮すると語った。さらにダナは、

「私は新たな歴史を作った革新者で今後スポーツ業界が

暗号通貨をもっと頻繁に使うようになるだろう。」

[参考 Forbes] リミニFC1912