イスラエル税務当局、暗号通貨投資家をターゲット

イスラエルの税務当局は、脱税を防止することを目的とした攻撃的なプッシュで、

暗号通貨のトレーダーや投資家をターゲットにしている。

イスラエル税務当局(ITA)は、暗号通貨投資の取引から生じる利益を報告しないと

疑われる者に対して厳しい措置を講じている。

取られた措置のいくつかは、暗号通貨取引から利益を報告しないと疑われる

個人に通知書を送ることを含む。

脱税の兆候として、旅行の経費についての文書や重要な証拠がなく、

海外での頻繁な旅行を含む。また、複数の不動産を所有する人も対象となる。

当局は、必要な資金を持たずに頻繁に海外を旅行する人や、

3つ以上のアパートを所有する人など、

報告されていない収入の疑いを提起するイスラエル人にも通知書を送った。

 

ITAがビットコインと他の暗号通貨を資産として分類してから、

それを税金として課税することを示して以来ほぼ2年になる。

ビットコインは所得税規則に従って”資産 “とみなされ、

その売却は”財産 “の売却として課税される。売却による収入は資本収益に分類され、

キャピタルゲインには課税される。

 

当時、税務当局は、暗号侵通貨の保有者は、保有する資産を処分するたびに、

キャピタルゲイン税を25%支払う必要があることを明らかにした。

さらに1ヶ月前に、ITAはICOに関する法案を公表し、

ICOトークンが資産としてみなされることを税務当局が示し、

ICO投資家および発行者は課される付随税を納付する責任を負う。

[引用 CCN