イスラエル企業 ビットコインによる給与支払い

イスラエルの新聞社「Calcalist」によると、ソーシャルネットワーク会社

「Spot.IM」はビットコインを使って従業員に給与を支払いする計画を進めているという。

同社は現在、イスラエル税務当局に支払い方法の許可と為替レートの適切な計算方法を承認してもらうための交渉をしている最中。

同社は、会社で取引所に登録して法定通貨をビットコインに変えてから従業員のデジタルアカウントに送金する。

ちなみに大きな下落による価格の変動リスクを抑えるために、

取引所のレートを基準とした「最高値」と「最安値」の平均値を1日ごとに計算し、給与分のBTCを送る流れとなる。

従業員はビットコインか法定通貨のどちらで給与を受け取るのか選択できる。

一方従業員は高い手数料が会社負担になるので、現状今回の取り組みに満足しているという声が多数出ている。

年金やその他給付はビットコインで受け取ることはできない。

今回注目されたイスラエルでは、2018年1月、税務当局で仮想通貨が「キャピタルゲイン税」の対象となると公表されたばかり。

したがって従業員は、ビットコインから利益を得ると25%の税金を支払う必要がある。

これについてネガティブな意見よりも、ビットコインの将来性への期待の方が多い。

ちなみにSpot.IMは仮想通貨を完全にサポートしており、正当な資産として認識している。

仮想通貨に信用が創造されるには企業がこの認識をもつことが必要な事である。

[引用 15日 ccn

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です