イスラエルのISAは規制されたプラットフォームを推奨

イスラエルの金融市場監督機関は、厳しく規制された暗号通貨発行プラットフォームの創設を推奨している。

そのようなプラットフォームは、企業が「投資家にデジタルトークンを発行することによってお金を集める」ことを可能にするはずである。

これが証券の売り出しのように思えるようになったらおそらく正しいだろう。

専門家プラットフォームを作成することを推奨するとともに、

イスラエル証券局(ISA)は、証券トークンや暗号通貨などのデジタル資産に既存の証券法を適用することを提案している。

しかし、ISAはまだそのようなプラットフォームの創設のためのタイムラインを宣言していない。

それを念頭に置いて、イスラエルがこの勧告を追求するならば、

それはセキュリティトークンオファリング(STO)に関しては世界的な先例を置くことになるだろう。

今年の初めに、タイ国内立法議会はタイの証券取引委員会(SEC)に承認し、

タイを拠点とする企業にトークン証券の発行を許可した。

リヒテンシュタインでは、企業はすでに証券トークンを提供できる。

しかし、この先例がSTOのためのブロックチェーンの世界的な採用を支援するかどうかは、まだわかっていない。

世界のかなりの部分は、米国のSECが動き出すのをまだ待っている。

[引用 ロイター