IBMはリップルキラー?

IBMが主要銀行と協力して暗号資産を発行するために動いている。これはリップルにとって脅威になる。

なぜならばIBMの暗号資産は、リップルと同じ送金支払いの用途だからである。

IBMは送金支払いのための暗号資産を発行するために、2つの「米国の大手銀行」と交渉していた明らかにした。

Stellaのブロックチェーンを利用したIBMのイニシアチブは、Rippleにとって大きな脅威である。

リップルは常にそれ自身とそれに関連する暗号資産XRPを銀行の送金支払いの将来の標準として位置づけてきた。

銀行が即時支払い用の独自のブロックチェーンソリューションを作成する場合、Rippleは時代遅れになるのか?

IBMのブロックチェーン担当責任者、Jesse Lund氏は、JP Morganの物議をかもしている安定したコイン、JPM Coin が興味を引いたと語った。

問題となっている2つの「主要銀行」は明らかにされていない。

JPモルガンのリードに従う米国主要銀行

JP Morganが2月に独自の暗号資産であるJPM Coinを発表したときは衝撃だった。

JPMCoinは1ドルの価値で固定された安定したコインだからである。

銀行の決済ネットワークでの取引の即時決済、振替時間の短縮、そして最終的には国際振替の摩擦の軽減に使用される。

発表の後、米国の他の主要銀行はその流れに飛びついた。

他の6つのグローバル銀行がIBMを通じて暗号資産を発行

また18日月曜日には、IBMは6つの世界的な銀行がそのブロックチェーンネットワークを使用するという意向書に署名したことを明らかにした。

6つの銀行は、それぞれの現地通貨に関連付けられた安定したコインを発行する。

ブラジルのBanco Bradesco、韓国のBank Busan、およびフィリピンのRCBCなどの名前が挙げられる。

さらにユーロにペッグした安定したコインを発行する銀行もある。

リップルはどこ?

なぜこれらの銀行のどれもがRippleに行かないのか?

Rippleの唯一の目的は、XRPトークンを使用して即座に摩擦のない送金支払いを行い、銀行振込を決済することである。

Rippleは何百もの銀行でテストを実行しており、そのブロックチェーン技術はすぐに使用できる。

それでは、なぜ「米国の大手銀行」はRippleを無視し、代わりに独自の暗号資産を作成しているのだろうか。

銀行が自社の管理下にない暗号資産を信頼するように説得することは、大きな課題である。

リップルはそれを「800ポンドのゴリラ」と呼んでいる。

銀行は統制を放棄する準備ができていない。

今のところXRPを使って支払いを決済しているのは、ほんの一握りの支払いプロバイダだけだ。 

JPMCoinのような銀行発行の暗号資産に反撃姿勢のリップルCEOブラッド・ガーリングハウスは、こう述べている。

「どの問題が解決するのか私にはわかりません…ただドルを使ってください。」

[引用 CCN