BitGoにゴールドマン・サックスが出資

ゴールドマン・サックスがBitGoに出資した。

2013年に米国パロアルトに設立されたBitGoは、

ブロックチェーンをベースにした通貨のためのセキュリティ、

コンプライアンス、カストデイサービスを

機関投資家に提供している。

同社は、ビットコイン取引の15%を取り扱っている。

今年7月、LINE社も仮想通貨取引所「BITBOX」を立ち上げる際に、

BitGoのマルチシグネチャ技術を採用した。

LINE社はセキュリティを重視し、

機関グレードのホットウォレットで複数コインの管理に対応。

LINE社が採用したマルチシグネチャは「Bitgo Wallet」のみである。

また、コールドウォレットへのスムーズなリンクも可能なため、

安全かつ簡単に資産を移動し、よりセキュアにサービスを利用できる。

10月18日、BitGoは総額5750万ドルの資金調達したと発表。

今回、新たに加わったのはゴールドマン・サックスの

Principal Strategic Investmentsグループと、

ギャラクシー・デジタル・ベンチャーズ。

BitGoは今回獲得した資金を、

1兆ドルを保管できる暗号化ウォレットの開発に充てる。