フランスの新しい法律により暗号資産市場に2兆ドルが流れてくる!?

4月11日にフランスで可決された新しい法律「協定法」により、一般的なフランス人が主に中長期的な貯蓄手段として使用する生命保険会社が無制限で暗号資産に投資することを認めた。

フランスの生命保険の保証は、契約者の死亡時に支払われる伝統的な生命保険である。

条約法の2つの規定

協定法の2つの規定では、暗号資産への投資を認めているが、これは18ヶ月間議論されてきたゆえに可能になった。

第一に第21条は、保険法を改正して、保証専門の口座への専門家基金(SPF)の配置を許可した。

投資家の財務状況や経験が法令によって後に定義される条件を満たす場合、生命保険に適格なSPFが投資できる資産に制限はない。

第二に第26条は、ブロックチェーンベースのデジタル資産をSPFの資産に含めることができるように、通貨および金融法を改正した。

Simmons&Simmons LLPの弁護士であるEmilien Bernard-Alzias氏は、

「許可されているからといって保険会社がこれらの投資を受け入れるという意味ではない」

と警告している。

 

2019年のビットコインの鮮やかな回復

保険会社はこの法律により恩恵を受けるのか。

暗号資産は悪いイメージに苦しんでいたが、確実なことは何もない。

市場は依然として非流動的であるため、SPFとFPCI(プライベートエクイティファンド)が暗号資産に投資するために問題もある。

「この新しい措置には明らかに探り探りな側面があります。保険会社がそれを採用するかどうかは関係ないです。」

とEmilien Bernard-Alziasは述べている。

ビットコインは2018年のー70%という下落をしたが、ビットコインの価格は回復してきている。

おそらく何社かは興味を持っているかもしれない。

フランスの生命保険市場は2兆ドルにも及ぶので、暗号資産市場に一部でも流れてくる可能性があることを考えると

暗号資産界隈にとっては非常に良いにユースである。

[参考 MODERN CONSENSUS]