円に固定される暗号通貨

14億5千万ドルの投資会社とブロックチェーンファンドの創業者たちは、

価値を円に固定する新しい暗号通貨を開始するためにチームを組んでいる。

Grandshores Technologyの設立パートナーであるYongjie Yaoは、

杭州政府からの支援を受けている14億5千万ドルの投資会社Hangzhou Grandshores Fundの

創設者でもある。同代表は、同ファンドのパートナーが日本の銀行と協力して、

2018年後半か2019年初頭に安定するコインを作成すると述べた。

Grandshores Technologyは、円建てのトークンの資金調達は、

多くの暗号通貨取引で物理的なグリーンバックのプロキシとして機能する論争の的

となっているドル建ての安定コインであるテザー(USDT)に指定されると述べた。

Yao氏はブロックチェーン空間の発展についてより広範に話し、

「ブロックチェーンは今後3〜5年で主流の技術になるだろう」

と語った。

ブロック・チェーンは進化の段階に入っている。

これは、コンピュータ・オペレーティング・システムがMS-DOS

(ディスク・オペレーティング・システム)からMS-Windowsに移行する段階に似ている。

信頼性の高い安定したコインの普及は、多くの人にとって、

そのプロセスの重要なステップと考えられている。

今月初め、ニューヨークに本拠を置く2社のチャーター会社、ジェミニとパクソスは、

両社は最初の「規制された」安定したコインとして宣伝した米ドル固定のコインを開始した。

[引用 サウスチャイナ・モーニング・ポスト CCN