フィデリティの暗号通貨とブロックチェーンに対する強い関心

フィデリティ・インベストメンツは72兆ドル以上のファンドを運用している。

伝統的な確立された地位にもかかわらず、

暗号通貨とブロックチェーンのような新興テクノロジーにも

信じられないほどオープンにしている。

革命的技術の長い歴史がある

フィデリティの創設者であるエドワード・C.・ジョンソン氏は、

シンプルなマントラで会社を経営し、従業員に

「群衆に従うのではなく、インテリジェントなリスクを取る方がよい」

と頻繁に言っていた。

フィデリティは、1960年代にスーパーコンピューターを購入して使用する

最初の金融機関の1つであり、1970年代にフリーダイヤルの電話回線を

通じて投資商品を販売した最初の企業である。

彼らはまた、人工知能の初期バージョンに大きく依存した

インフラストラクチャを構築し、1980年代に音声認識コンピュータを使って

フィデリティ・マネー・ライン・アンサー・システムを稼動させた。

1990年代、フィデリティは、Fidelity Center for Applied Technology(FCAT)

と呼ばれる新技術のテストと研究開発に特化したグループを作った。

このグループは、本質的に従業員が失敗や資金浪費の恐れなしに

新製品をテストするためのサンドボックス環境である。

ブロックチェーンと暗号通貨に大きな関心

数年前、フィデリティは、Bitcoinとブロックチェーンを理解するための

小さなステップではあるが、暗号通貨処理業界の金融企業のトップに立っていた。

フィデリティの最高経営責任者(CEO)、アビー・ジョンソンは、

技術における同社の見解を話した。

「ここ数年前、私と数名の上級幹部は、Bitcoinを使って

何が起こっているのか不思議でした。私たちは集まって、

「これを理解しなければならない」と言い始めました。」

フィデリティは手始めとして、小規模Bitcoinマイニングを開始し、

1Bitcoinあたり180ドルで暗号通貨を取得した。

ジョンソンはこのテストの結果についてこう語った。

「価格は上がり、突然私たちはお金を稼いでいるが、

これは決して意図していない」と。

フィデリティの独立した慈善団体もまた、Bitcoinを寄付することで大成功を収め、

2017年にBitcoinの寄付金を6,900万ドル以上上げました。

これは主に膨大な量の新しい財産のためである。

「これは、慈善事業者になることを目指していたBitcoinを介して、

新しく信じられないほど裕福な人が非常に多くいたために機能しました。

我々はそれを本当に簡単にしました」とJohnson氏は説明します。

年末までに暗号通貨製品をリリースする可能性

ボストンの本社の最近のイベントで、ジョンソン氏は、

今年末までに新しい暗号通貨製品がリリースされる可能性があると言及した。

この製品を取り巻く詳細はまだ霧の中ですが、ジョンソンは、

「いくつかのことが進行中で、いくつかのことが部分的に行われていますが、

実際には適切な時期ではないが、今年末までに発表することを希望しています。」

と述べている。

[引用 NEWSBTC