フィデリティが数週間以内にビットコイン取引の提供を開始する

今年初めにビットコイン(Bitcoin)の保管サービスを開始したFidelity Investmentsは、機関投資家向けにビットコインの売買サービスを提供予定です。

世界最大の資産運用会社の1つであるボストンに本社を置く同社は、10月にFidelity Digital Assetsを創設し、ウォール街におけるデジタル通貨の取引と保護に対する意欲が高まることを期待しています。

同社は10月に、今年初めにビットコイン(Bitcoin)の店頭取引実行と注文ルーティングを提供すると発表していました。

5月2日にフィデリティが発表した調査によると、機関投資家の47%がデジタル資産に投資する価値があると考えています。

フィデリティの広報担当Arlene Robertsは、

「私たちのプラットフォーム上で、現在サポートしているクライアントはいくつかあり、現在私たちのサービスはビットコインに焦点を当てています。」

と述べています。

11月から2月にかけて441社の機関投資家に質問した調査によると、72%がデジタル資産を保有する投資商品を購入することを好み、57%が直接購入することを選択しています。

暗号通貨をより主流の投資家にアピールするためのハードルは、詐欺、ハッキング(盗難)および規制違反です。

ビットコイン(Bitcoin)は今年50%以上も急上昇しており、機関投資家の資金が流入してくればさらに上昇する可能性も高いです。

[参考 ブルームバーグ]