若きビットコイン富豪いわく「ビットコインは死んだ」

ニューヨーク出身のErik Finman(19歳)は、

12歳の時から暗号資産に投資していた。

最近彼が、ビットコインの終焉が

近づいていることを他人に警告している。

エリックは、マーケットウォッチの取材で

「ビットコインは、断片化しすぎていて、

内紛も起こっており長く続かないと思っている。

強気上昇相場はあと2度ほどあるかもしれないが

長期的には死んでいる。」

今年の初めから、暗号資産は、

現在3,000ドル付近まで下がった。

エリックは2011年に祖母からもらった

1,000ドルでビットコインを購入し、

18歳になるまでに1,000ドルをピーク時は

400万ドル以上にした。

彼は利益を利用してビデオチャットを通じて

生徒を教師と結びつけるボタングル(Botangle)

というオンラインの個人指導ビジネスを開始した。

 

彼はまた、人気の高いライトコインも

昨年5月のピーク時から95%以上も下がっている。

しかし、エリックはイーサリアムやZCashの

ような暗号資産を賞賛している。

ビットコインは死んでいるが、

暗号資産はすべてが失われるわけではない。

[ 引用 THE IRISH Sun