Alan Howard所有のファンドElwoodのターゲットはデジタル資産の大手機関投資家

イギリスの億万長者、Alan Howardが所有するヘッジファンドのElwood Asset Managementは、ブロックチェーンとデジタル資産に投資する予定である。

昨年設立されたこのヘッジファンドは機関投資家を暗号資産分野に持ち込もうとしているという。

「デジタル資産への有意義なリスク管理のための機関投資家の唯一の方法はビットコインを購入することでしたが、多くはビットコインを購入することに消極的です。」

とElwood CEOのBin Renはブルームバーグに語った。

ETFは、リスク管理をするための流動性が高く規制された方法を提供する。これが正しいスタートポイントとなる。

意味のある規制の欠如、そして多くの暗号資産会社の透明性の低さは、ほとんどの機関が暗号資産で取引することを妨げている。

ファンドマネジャーにとっては、デジタル資産市場を支えるブロックチェーン技術が投資家にとってより魅力的な売りになっている。

このように、Elwoodは投資家にブロックチェーン技術を使っている会社へのアクセスを提供することから始める。

しかし、ヘッジファンドは、最終的にはビットコインやイーサリアムなどの一部の暗号資産へのリスク管理を提供する予定である。

10年前に始まって現在は1,300億ドルと評価されている暗号資産市場は個人投資家から始まったが、機関は徐々に関心を集めてきた。

エール大学やバージニア州フェアファックス郡にある2つの年金制度など、いくつかは資産クラスに投資している。

[引用 ブルームバーグ