韓国の暗号通貨取引量が急増

韓国ウォンの暗号通貨取引量増加

最近韓国ウォンの暗号通貨取引が大幅に増加しているが、

2017年に存在していた「キムチプレミアム」は

まだ韓国の暗号通貨交換に現れていない。

2018年10月、韓国の暗号通貨取引量は急増している。

ハッキングの問題もあり6月から9月にかけて、

同国の暗号通貨取引量は縮小していた。

2018年6月、CoinrailとBithumbの両社は

サイバー攻撃を受け暗号通貨を盗まれた。

これに対応して2社は預金と引き出しを停止し、

問題を解決できるまで取引を厳しく制限していた。

韓国の状況

2018年中頃には、暗号通貨交換所が法人として認められた。

この動きは、急速に普及している暗号通貨経済を正当化させた。

韓国は暗号通貨取引とブロックチェーン技術は認めているが、

金融監督当局はICO禁止措置については断固としている。

10月初旬、FSCチーフによると、ICOを取り巻く不確実性は、

潜在的に問題のあるものと規制している。

ICOの禁止を取り消すことを求める

継続的な要請にもかかわらず、

金融規制当局トップからのコメントは、断固としている。

韓国でICOが解禁されるのはまだ当分先になりそうだ。

【引用 BITCOINIST