暗号資産マイニング市場の成長市場シェア

暗号資産マイニングは、ブロックチェーンとして知られるトランザクションレコードの検証に複数のコンピュータのネットワークが必要である。

マイナー(マイニングをする人)には、取引手数料の一部が提供され、高い計算能力を提供することで新しいブロックを見つける可能性が高くなる。

これらのサポートトランザクションは、ネットワークユーザーに対するセキュリティの強化を促進し、整合性を確保する。

これは、グローバルな暗号資産マイニング市場の成長に影響を及す。

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどのデジタル資産の出現は、企業による巨額の投資につながってきており、これが近い将来に市場の大幅な成長に役立つと期待されている。

暗号資産マイニングの増加は、長期利益を得るためにこれらの暗号資産の採用と市場資本の合計の増加に起因している。

ビットコインを含む最も一般的な暗号資産の新しいブロックを見つける際の複雑さが増しているため、高度なハッシュ処理能力、電力消費量、および長期間にわたってコンピュータの操作性を維持するための低温な気候など、特定の気象条件に対する要求が高まっている。

これらの要因は、高いROI(20か月以内)とシステムのライフサイクル全体にわたる追加の収入を得るために、採掘への多大な投資をもたらした。

また、リモートホスティングやクラウドサービスを含む製品は、低コストのソリューションとこれらの運用に適した環境へのユーザーアクセスを強化した。

これらの要因は、暗号資産マイニング市場の大幅な成長に役立つと予想される。

ビットコインキャッシュとビットコインはどちらも、発行の上限が2100万に制限されている。

新しいブロックを見つける際の複雑さが増すことに加えて、そのような資産の供給が制限されることは、近い将来マイナーの収入に影響を与えると予想される。

このためマイナーは資産交換のための取引手数料の増加を強調している。

これは、アルトコインの利用に対するユーザーのモチベーションに影響を与える可能性がある主な要因の1つである。

したがって、ビットコインマイニングの複雑さが増すことは、暗号資産マイニング市場の成長を妨げる要因となることが予想される。

Blockchain Luxembourg SAによると、2017年12月12日、ビットコインの総採掘に占める取引手数料の割合は9.12%と報告されている。

また、Coherent Market Insightsの分析によると、2016年には、世界中のマイニングプールの総数に基づいて、中国と米国が世界の暗号資産マイニング市場の70%以上を占めた。

ただし、プール事業者の所在地によって、これらの地域プールの採掘能力は決定されない。

低温、低電気料金、および継続的なインターネットアクセスは、マイニング施設の高効率の基本要件である。

ロシアの堅調な発電インフラストラクチャと暗号資産マイニング施設の配備におけるRadiusGroupのような主要な地域プレーヤーが増加する傾向は、予測期間中に市場におけるキープレーヤーとしての国を位置付けると予想される。

世界の暗号資産マイニング市場におけるキープール事業者には、とりわけAntPool、BTC.com、ViaBTC、BTC Top、SlushPool、およびF2Poolが含まれる。

これらの企業は、2017年12月時点で業界の75%以上を占めていた。

リモートマイニングサービス契約を提供している主要企業には、Hashflare、Genesis Mining、Hashing 24、Ebot、ViaBTCなどがある。

[参考 COHERENT TechZiffy