仮想通貨時価総額 再び8000憶ドル

Galaxy Digitalの創設者であるマイク・ノーゴグラッツ氏は、仮想通貨の時価総額は、

1年以内に再び8,000億ドルに達すると主張している。

ノーゴグラッツ氏は、韓国のBeyond Blocks カンファレンスにて、

2017年12月の仮想通貨市場と現在の違いについて話した。

「私は底値をつけたと思う。次の動きのために良い底を作っているのだろう。

そのように考えている。」

と、ノーゴグラッツ氏は述べた。

さらにカストディ(保管)と規制の強化後に上昇が加速すると考えていると付け加えた。

ノーゴグラッツ氏がなぜそのような考えなのか尋ねられた。

「より多くの人々が仮想通貨の会議に出席し、

関連のビジネスに参加してる。ベンチャーキャピタルファンドを通じて

仮想通貨関連企業に投資することによって、多くの民間企業がこの市場に参入している」

と述べた。

より多くの機関投資家を引き付けるために、

ノーゴグラッツ氏は再び保管の重要性を強調した。

機関投資家FOMOは存在するか?

FOMO(fear of missing out)・・・取り残されることへの恐れ

「100%あります。しかしまだありません、転換点があるでしょう。」

とノーゴグラッツ氏は言った。

彼は、年金基金が最初に来ると、その後他のすべてが続くと付け加えた。

数ヶ月前、ノーゴグラッツ氏は、2017年12月に仮想通貨の時価総額が

8000億ドルに達したが、時価総額が6ヵ月以内に3,000億ドルに減少した。

[引用 7月25日 CCN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です