暗号資産投資する寄付基金

4月15日、Cointelegraphは、投資先を暗号資産に移行する寄付基金が増えていると報じた。

Global Custodian、The Trade Crypto、およびBitGoは、2018年に暗号資産に寄付金がどれくらい投資されているか調査を実施した。

この調査結果は、暗号資産業界の重要性を明確に示している。

寄付金の94%が何らかの形で暗号資産に投資されていたのだ。

さらに、圧倒的多数のポートフォリオ管理者は、暗号資産が強固な投資先であると考えている。

寄付金の大多数は暗号資産の実行可能性に自信あり

安定した投資としての暗号資産の信頼は、多くの寄付基金の中で勢いを増しており、

調査回答者の半数以上が暗号資産への直接投資は投資先として明るいと報告している。

暗号資産投資の重要性が増すと予想される

調査によると暗号資産投資は近い将来着実に成長するだろう。

回答者の半数は、今年暗号資産にもっと資金を割り当てる予定。

45%が業界を保守的に見て、投資を現在のレベルに維持するよう。

なぜ暗号資産が基金になるのか

ブロックチェーン技術は、デジタルセキュリティ、効率、およびデータ管理に革命をもたらす。

ブロックチェーンと暗号資産は、クレジット元帳がなくても実行可能な支払い決済ネットワークを実現できることを世界に示している。

ブロックチェーンベースのデジタル元帳に記録された取引履歴は永久に消えないものである。

つまり、暗号資産が支払い決済、配布、などにおいて透明性を可能にする。

結論

寄付基金の将来は、確実にブロックチェーン技術を含めてのことである。

多くの物流に依存している組織がすでに内部業務の見直しを始めているため、これは驚くことではない。

寄付基金は、暗号資産投資に対する信頼を確立する役割を果たしている。

 

[ 参考 Cointelegraph]