暗号通貨に平均6,000ドル(67万円)投資する韓国人

多くの韓国人が暗号通貨をこれまで以上に購入していると、韓国のアリランニュースが20日に報道した。

非営利団体であるKorea Financial Investors Protection Foundationの2018年12月の調査結果を参照すると、調査対象の成人2,500人のうち7.4%が暗号通貨を購入している。

業界は規制の変更やハッキングなど、さまざまなハードルに直面しているにもかかわらず、その数字は前年同期比で1%増加した。

購入者の数が変わっただけでなく、現在暗号通貨を所有している人々のうち、多くの人々が以前より多く購入していた。

アリランニュースによると、2017年と比較して1人当たりの平均投資額は64%増の6,000ドルを超えた。

調査によると、最も一般的な暗号通貨の購入者は50代の投資家で続いて30-40代の投資家 だった。

4月の初めにビットコイン(BTC)の価格が5,300ドルまで上昇したことで、韓国市場特有の強気トレンドが再び浮上した。

「キムチプレミアム」として知られるこの現象は、現地のトレーダーがドル換算で測定した場合、特に取引所でビットコインにプレミアムを支払っている。

昨年ハッキングあった韓国の取引所であるBithumbの親会社は、日本のファンドから2億ドルの投資を得て、その後日米両国での拡大計画を明らかにしている。

今後も暗号通貨の盛り上がりとともに投資額も上がっていくだろう。

[参考 アリランデイリーニュース]