暗号通貨取引に対して商業銀行のような規制するように促された35カ国

商業銀行のような規制

2月22日にフランスで開催されたFATF(金融活動作業部会)会議で

暗号通貨交換の監督基準が議論された。 FATFは、暗号通貨取引に関する監督基準を厳しくする。

FATFは、加盟国の金融当局に対し、商業銀行を規制するのと同じ方法で暗号通貨の取引を規制するよう求めた。

タスクフォースは、これらの措置は「暗号通貨が違法取引に悪用されるのを防ぐために」必要であると主張した。

1989年に設立された政府間機関であるFATFは、マネーロンダリング、テロ資金調達

およびその他の関連する国際金融システムの健全性に対する脅威に対抗するための基準を定め、

法的規制および運用上の措置の効果的な実施を促進する。現在35の加盟国に加えて、香港、欧州委員会、湾岸協力会議がある。

加盟国は、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイスランド、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、大韓民国、ルクセンブルク、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、ロシア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、イギリス、アメリカ

加盟国のための要件

FATFは、総会で「暗号資産サービス提供者の効果的な規制および監督/監視のための詳細な実施要件」を確定したと発表した。

この措置は、6月にFATF基準の一部として正式に採択される。

「FATF勧告を適用する目的で、各国は暗号資産を『資産』、『収益』、『資金』、『資金またはその他の資産』、またはその他の『対応する価値』と見なすべきです。」

とFATFは説明した。

さらに、「国はFATF勧告の下で関連する措置を暗号資産および暗号資産サービス提供者に適用すべきである」と

FATFは詳述し、加盟国はこれらのサービス提供者は「免許を取得するか登録する必要があります」と述べた。

しかし、FATFは、暗号資産サービスを提供することが許可され、すでにその勧告の下で義務を負っている国は、

すでに金融機関として認可または登録されている自然人または法人に対して別の許可または登録システムを課す必要はないと明言した。 

[引用 Bitcoin.com]