クリプトビーチ

韓国の釜山(プサン)にブロックチェーンセンター「Crypto Beach(クリプトビーチ)」の開発を検討しているという。

今回開発されるクリプトビーチは、スイスの仮想通貨とブロックチェーン技術の開発を行う「クリプトバレー」をモデルにしている。

また、ソウルで開かれた「グローバルブロックチェーン会議」で、韓国のICT Financial Convergence Associationの王会長が、

「スイスのクリプトバレーのように、韓国にも仮想通貨産業に集中する場が必要だ」

と発言。他にも

「現在韓国を取り巻くICO禁止処置の影響で、世界的に遅れを取っている」

と苦言も呈した。

また、危機感を感じているのは、行政だけではない。

韓国企業もICOを国内で行えない状況から、このままではビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあり、

これらの問題を解決するためにもクリプトビーチを開発するという。

ちなみにクリプトビーチは釜山の東に位置するリゾート地「海雲台(ヘウンデ)」に立ち上げる予定で、

この土地は韓国政府から今後数十年における商業発展センターとして分類された裕福な海沿いの町。

仮想通貨の最先端が一つの町に集まるという事で、国内外から大きな注目が集まっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です