仮想通貨と半導体製造

ビットコインとアルトコインのマイニングは、半導体メーカーに恩恵を与えている。

多くの大手企業がより高速でより少ない電力を使用するマイニングプロセッサを製造するために参入している。

ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなどの仮想通貨は、Pow(プルーフオブワーク)

のため高価なPCでなければマイニングできない。

これらのコンピュータは、トランザクションを検証する高度なアルゴリズムが必要。

マイニングPCは3,000〜10,000ドルの費用がかかり、さらにこれらのPCは

マイニングの際かなりの量の電力を使用する。

その結果、半導体メーカーは、より強力でエネルギー効率の高いマイニングPCを生産するために

「ASIC競争」となっている。

2017年、エヌビディアとAMDの株式の急上昇は、イーサリアムの価格の上昇に一部起因していた。

ブルームバーグによると2017年には、イーサリアムのマイニング需要が一部の

グラフィックスカードの一時的な不足を招き、

仮想通貨需要による追加の売上高が8億7500万ドルと推定された。

ビットコインは非常に不安定で、12月の価格の半分以下で取引されているが、

依然として多くのマイナーがいる。

ロイターによると、先進的なマイニングPCのサプライヤーであるCanaan Incは、

IPOで最高20億ドルを調達することを検討している。

昨年だけで30万台以上のマイニングPCを販売した。

半導体市場における仮想通貨の影響は非常に強くなっていて、

サムスンは1月にビットコインやアルトコインをマイニングするための

ASICチップの製造を開始したと発表した。

サムスンのファウンドリ事業は、現在、マイニングのための

ASICチップ製造をしているが、

「我々は顧客に関する詳細を明らかにすることはできない」と

同社広報担当者はTechCrunchに語った。 

マイニング半導体は、大企業が市場に参入することは注目すべき出来事と考えられていた。

インテルも参入する予定だが、2019年までに予定していた

10nmユニットの生産が遅れると発表した。

生産コストが高いため現在価格が高騰している。

適切なファブプロセスノードを使用すれば、ASICの製造業者はASICの価格を

大幅に下げることができ、最終的にはすべてのマイニングコストを下げることができる。

多くのアナリストは、ビットコインマイニングの大きな電力消費はアキレス腱であると述べている。

ビットコインのマイニングが世界の電力消費量の約半分である7.7ギガワットを

2018年末までに消費する可能性があると指摘した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です