コインベースが英国で暗号通貨のVisaデビットカードを発売

暗号通貨取引所であるCoinbaseは、英国で新しいVisaデビットカードを発売した。

これにより、顧客は自分の口座から直接購入および現金引き出しを行うことができる。

カリフォルニアに拠点を置く同社は、ビットコインを含む暗号通貨の主要な取引所である。

同社は、「シフトカード」という独自のビットコインデビットカードを運営していたShift Payments(旧Apto Payments)と提携しているため、ユーザーは新カードもCoinbaseアカウントから使用できる。

CoinbaseはAptoと提携により、新しいカードのための「技術とサポートサービス」を提供している。

同社の新しいデビットカードは、英国とEUでは初めての仕組みであり、ユーザーがカードを使って決済すると対応する額の暗号通貨を口座から直接引き落とすことができる。

付随するスマホのアプリは使用履歴や残金などが確認できる。

英国のCoinbaseの責任者であるZeeshan Feroz氏は、

「米国での新カードの発売は現在予定がないです。私たちは最初に英国で立ち上げて、顧客の反応から改善しつつ今後より多くの市場に進出したいのです。」

と述べ、EU版は今年後半に発売されるだろうと付け加えた。

 

また、Visaの英国およびアイルランドのフィンテック責任者、Hugh Kingdon氏は、次のように述べた。

「さまざまな意味で、[Coinbase UK]は同社の独立した組織です。

英国の消費者をターゲットにしているのは、データから英国人が新しいタイプのデビットカードを受け入れることに対して、他国よりはるかにオープンであるからです。

米国と比較して英国には多くのチャレンジングな銀行があります。

 

Apto Paymentsはコメント要求に応じなかった。

[参考 FINANCIAL TIMES]