米最大 コインベース 超高速取引処理

仮想通貨ビットコインの市場拡大のペースが大幅に加速可能性大。

米国最大の仮想通貨取引所を運営するコインベースは15日、マイクロ秒単位で売買を成立させる高頻度取引(HFT)に対応するため年内にシステムを改修する計画を明らかにした。賛否両論のあるHFTを歓迎するビットコイン取引所の第一陣に加わる。

コインベース(サンフランシスコ)はブログにて、取引所業界では超高速処理を指す「低遅延パフォーマンス」を導入する計画を示した。

さらに、自社のデータセンター内にトレーディング企業のサーバーを設置する「コロケーション」も認めるとした。

[WSJ 5月16日]

コロケーションとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です