ファニーメイの法律顧問がコインベースへ

スティーブン・ミンチン財務長官の元同僚で、ファニーメイの上級弁護士の

ブライアン・ブルックスは、アメリカ最大の暗号通貨交換所である

コインベースの最高法務顧問として雇われた。

ブルックスは以前、副財務長官であり、部門内で二番目の上級者であった。

コインベースCEOのアームストロング氏は、ブルックス氏は

政府対策の経験を積んでいると語った。

アームストロング氏は、暗号通貨の急速な成長を考えると、

投資家を保護しながら革新を促進する公共政策と

規制環境に貢献することがこれまで以上に重要になっていると述べている。

ブルックス氏の採用は、私たちがこの次の章に進む中で、法律、

コンプライアンス、および政府の業務を拡大するための前進である。

コインベースの現在の最高法務責任者であるマイク・レンプレス氏は、

新しく結成されたブロックチェーン協会へのコインベースの参加を含むと

ともに政府関係に焦点を当てる。

サンフランシスコに本拠を置く暗号通貨交換所であるコインベースは、

昨年の暗号通貨市場の急拡大により、

約10億ドルの収益を上げた。しかし、今年の暗号通貨市場は

年初から価値が急落している。

7月にファニーメイのティモシー・メイヨプロス最高経営責任者(CEO)は、

ブルックス氏は今年末までに退任すると発表した。

「ブルックス氏の4年間の強力なリーダーシップ、洞察力のある弁護士力、

ファニーメイの変革への

重要な貢献に非常に感謝しており、彼が退任したくないと思っているとを願いたい。」

とメイヨプロス氏は声明で述べた。

[ 引用 POLITICO]