コインベース3社買収承認

 米大手仮想通貨取引所であるコインベース広報担当者によると、米金融機関監督局(FIRA)は
コインベースによるキーストーン・キャピタルとベノベート・マーケットプレース、
デジタル・ウェルス計3社の買収を16日に承認した。
これによりコインベースは有価証券扱いの仮想通貨を提供できる可能性を得た。
現在は連邦当局の監督下のほか、複数の州当局の管轄下にある。

コインベースの説明によれば、3社買収によってブローカーディーラーのほか、

代替トレーディングシステム、登録投資アドバイザーとして営業する認可を得る。

ただ、今月17日時点で同社は、企業がICOなどで発行した通貨を

顧客が有価証券として取引できるようになるまでには幾分の作業がまだ必要との認識を示した。

コインスケジュールによると、世界の企業が今年これまでにICOで調達した額は

120億ドル(約1兆3600億円)余りと、その額は昨年全体の3倍以上。

米証券取引委員会(SEC)はこれらの大半について、有価証券と同等との認識を示している。

[引用 ブルームバーグ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です