BTHMBが米国で上場予定

世界最大の暗号通貨取引所の1つBTHMB

は、米国に上場しようとしている。

シンガポールに本拠を置くBTHMBは、

米国市場に参入するために上場企業を

買収するという珍しい方法を計画してい

る。22日火曜日に、ティッカーBCIIを

使用して米国のOTC市場で上場および

取引されているBlockchain Industries

は、BTHMBとの間で拘束力のある意向

書に署名したことを発表した。

逆合併

BTHMBは、Blockchain Exchange

Allianceとしてブランド変更されつつ

ある。意向書によると、BCIIを買収する

予定。この逆合併により、新規上場(IPO)

と比較して、米国市場への上場アクセスが

早くなる。同社は以前シンガポールでの

上場を意図していたが、IPOを完了する

ために1〜2年待つことを望まなかった。

CNBCによると、BEAが最大の利害関係者

となる新合弁会社は、後に上場さ れ、

OTC 市場からニューヨーク証券取引所

またはNASDAQに移行する予定。

公開市場のリストは、会社のより厳格な

コンプライアンスガイドラインを意味

するかもしれない。このまま計画が

順調に進むと、BEAは最初に株式公開

される主要な暗号通貨取引所になる。

暗号通貨の大きな飛躍

暗号通貨分野の企業はまだIPOを

開始していないが、ヘッジファンド

マネージャーのMike Novogratzは、

カナダのBradmer Pharmaceuticals

との逆買収により合併したカナダの

暗号通貨スタートアップの

Coin Capitalを買収するために逆

マージ戦略を使用した。

その後、名前を変更した会社は、

カナダのTSXベンチャー取引所で

Galaxy Digital Holdings Ltd.として

取引されている。

BEAにはさらなる拡大計画もあるようで

世界的な暗号通貨関連一大企業が

誕生したら、暗号通貨市場にとっても

追い風になるだろう。

[引用 CNBC