暗号通貨取引におけるボットの役割

トレーディングボットとアルゴリズムによる高頻度取引は

ウォールストリートではすでに普遍的に行われている。

機械学習や分散型取引所(DEX)の進歩とトレーディングのための

高度なソフトウェアツールの統合により、

暗号通貨業界のボット取引はさらに拡大するはずである。

暗号通貨市場でのアルゴリズム取引が増加しているが、

現時点で取引ボットは、トレーダーや機関投資家に

とってリスクを最小限に抑え、大量の注文を効率的に

実行するための重要なツールである。

昨年の暗号通貨市場の急激な上昇の時に、

多くの取引ボットは取引所間の裁定取引に焦点を合わせた。

ビットコインの韓国の為替に対する(キムチ)プレミアムは、

米国に拠点を置く取引所と比較して昨年12月に約30%に達した。

このような膨大なスプレッドで、

交換取引の裁定を活用するための取引ボットが出現したのは当然だった。

非現実的な裁定取引の広がりは、

ビットコインとアルトコインの価格が爆発するのと同時に発生した。

その結果、トレーディングボットは暗号通貨市場での

自動取引のための人気ツールとなり取引量が多くなった。

ボットは、トレーダーがカスタマイズ可能な

パラメータを使用してポジションを首尾よく取引し

監視することを可能にする。

さらに、人間の感情的なエラーの側面と、

複数の取引所での資産の同時監視における

ボットとの競争力の欠如は、業界でのさらなる普及をもたらした。

そして暗号通貨取引のための各国による異なった規制枠組みは、

裁定取引スプレッドを利用する能力を拡大させた。

自然に流動性を供給する役割も担っている取引ボットは、

取引ニーズを満たすために暗号通貨市場で進化を続けるだろう。

特に機関投資家が市場に参入すると、

ボラティリティとリスクが軽減され、

先進的なAIや機械学習コンポーネントによって

トレーディングボットがさらに盛り上がるはずである。

最近、暗号通貨が悲劇的な低迷を遂げているが、

下げ続ける相場はないので、機関投資家が仕込み始めたら

市場が安定してくると考えられるので、今検討している方は

もうしばらく待ってから投資判断を下すべきである。