フィデリティ、暗号通貨クレジットカードの立ち上げ目指すベンチャーに出資で後押し

ニューヨークのローンサービスを提供する

ベンチャー企業のBlockFiを支持するのは、

フィデリティの子会社である

デボンシャイア・インベスターズ(Devonshire Investors)を

含むウォール街の投資会社である。

最新の資金調達ラウンドに関しては、

同社は転換社債の投資で400万ドルを調達している。

オプションと暗号通貨の独占販売店であるAkuna Capitalは、

CMT Digital、Morgan Creek Digital、

および他の企業と一緒にラウンドを行った。

 

BlockFiのCEOのZac Princeは、

同社の2019年の計画について説明した。

「来年は、私たちが提供するサービスの数を多様化させます。

現在、BlockFiは暗号通貨を保有する個人や

企業に暗号通貨を担保としたローンサービスを。

提供しています。弱気市場にもかかわらず、

同社の業績は月々伸び続けており、

1000万ドル以上の融資を受けています。

現在、同社は、ウォール街の企業との関係を拡大しながら、

暗号通貨のクレジットカードサービスと

利払い預金口座を投入する予定です。」

マンハッタンのオフィスで彼は言いました。

 

ウォール街が関心を示すこのような企業が

新しいサービスを続々とローンチしていく

ことが今後も考えられ、今は暗号通貨市場は

低迷しているが、虎視眈々と買い場を探っている

主体がいるだろうということは想像に難くない。

[引用 THE BLOCK