ハイヤー、タクシーの運賃を仮想通貨で決済

仮想通貨交換事業社のビットポイントジャパン(リミックスポイント子会社)は、

ハイヤー・タクシー事業を運営する日の丸リムジンと

共同でビットコインなど仮想通貨決済システムの導入を

目指していることが明らかになった。

ハイヤーやタクシーの運賃での仮想通貨決済は、

これまで一部の個人タクシーが導入していたが、

大手事業者による対応は国内初の事例。

まずは事前予約が必要な23区内と羽田、成田空港を結ぶ送迎サービスで、

実証試験を今月から2カ月間実施する。

導入可能と判断すればタクシーにも対象を拡大する。

ビットコインのほか、ビットコイン・キャッシュと

イーサリアムの利用も可能で、降車時にスマートフォンなどの

専用アプリで支払う。ビットポイントは仮想通貨決済の

受け入れ先を広げることで仮想通貨取引で

顧客囲い込みを目指している。

東京都文京区に拠点を置く日の丸リムジンは、

同社のウェブサイトによると、

362台のリムジンと161台のタクシーを運行する企業である。

[引用 ブルームバーグ