ビットコインは金の時価総額800兆円を簡単に超すことができる

暗号資産の最大の投資会社の1つであるギャラクシーデジタルの最高経営責任者(CEO)は、ビットコインの時価総額は今後20年間で容易に金を超えることができると言い放つ。

Morgan Creek Digitalの創設者Anthony PomplianoとのインタビューでギャラクシーデジタルCEOのMike Novogratzは、Goldman SachsやIntercontinental Exchangeのような機関投資家がこの分野に参入するのは時間の問題だと述べた。

「たとえば、Goldmanは証券トークンを中心に準備を進めています。彼らはまだ何もしていませんが、本当に準備ができていて状況を見ています。私たちは、まだ規制の枠組みがないセキュリティトークンビジネスに注力しています。」

Novogratz氏によるとビットコインの優位性は依然として強く、トレーダーは自社のポートフォリオの一部にビットコインを割り当てるのが賢明とのこと。

ビットコインのマクロはかなり強い。

したがって、ポートフォリオの2、3パーセントに入れることができるならば、充分なチャンスがある。

Bakktは遅れているが、このまま遅れ続けることはなく彼らはゲームに参加するつもりである。

そして他にもたくさんのプレイヤーが参入してくるだろう。

金は7.5兆ドルの時価総額で現在ビットコインの100倍である。

来年か2年後にビットコインが金を超すとは言わない。

しかし、20年以内でそれは起こり得る。

 

また、Novogratzは来月ビットコイン先物契約を一時停止するというCboeの最近の決定についても以下のように触れた。

「現実は、CMEが尻込みをしたのです。そして、これらの人たちは、自分たちが焦点を当てようとしているものについて限られたリソースしか持っておらず、彼らは他の場所でそれを使うことにしました。ビットコインでレバレッジをかけることは、スペース内のアーキテクチャーが良くなるにつれて容易になります。すでにビットコイン周辺の貸出市場が10%から3%程度になっています。そして今、ビットコインをショートさせるのはそれほど難しくありません。2016年にビットコインをショートさせることはほぼ不可能でした。」

[引用 THE DAILY HODL