紙幣の過剰な印刷は暗号通貨市場の急上昇につながる バイナンスCEO

分散通貨の世界が台頭した主な理由は、経済的自由の必要性である。

自分のお金をコントロールする能力の必要性は、暗号通貨の出現時から主題であった。

この原則は、バイナンス最高経営責任者(CEO)であるCZによって大胆な予測と合わせて表明された。

Changpeng Zhao(CZ)は、暗号通貨の世界で広く知られているように、フィアット通貨が中央集権で管理されている性質上、暗号通貨はある日フィアット通貨に対して1000倍も急上昇すると述べた。

「暗号通貨は、紙幣が印刷され続ければフィアットに対して価値は1000倍以上になります。」

と彼はつぶやいた。

CZのつぶやきは、アメリカ合衆国連邦準備理事会の元議長だったグリーンスパンを引用して、Anthony Pomplianoによるつぶやきに答えたものだった。

多くの金融アナリストは、以前にグリーンスパンと大手銀行に対する緩い規制が2008年のリーマンショックのもとであると主張していた。

グリーンスパンは、2011年8月に開催されたNBCのMeet the Pressで、米国の債務について次のように述べていた。

「米国はいつもお金を印刷することができるので、米国が持っているどんな債務でも支払うことができます。」

しかし、お金を印刷することによって通貨の購買力は減少するだろう。

より多くの紙幣が印刷されるにつれて、その価値は急落する。

この場合、借金を返済するために政府の気まぐれでとられたこの行動は、いくつかの外部性をもたらすだろう。

最も注目に値するのは、その国の通貨の価値が下落し、その結果インフレ圧力が高まり、経済不況が発生する可能性があることだ。

CZは暗号通貨を利用する世界の人々は、この定義の原則が、分散通貨が世界を支配する基本的な理由だと考えている。

特にビットコインには仲介者がいないため、このような状況を回避するための「半減」プロトコルがある。

マイナーにブロック生産のために分配される報酬は半分に減少し、210,000ブロックごとに生産される。

2009年のビットコインが出来た初期の頃、マイニング報酬は1ブロックにつきおよそ50BTCだった。

2012年の前半は、報酬が1ブロックあたり25 BTCに減少した。

現在、報酬は2016年の半減により、1ブロックあたり12.5 BTCである。

次の半減は2020年5月に予定されており、報酬は1ブロックあたり6.25 BTCに減少する。

半減プロトコルは、2100万ビットコインの供給上限が維持され、監督当局によってではなく、需要と供給の原則によってインフレ圧力が抑制されていることを保証する。

[引用 AMB CRYPTO]