北アイルランドの首都ベルファストが地域暗号通貨を発表

Belfast Coin(ベルファストコイン)

イスラエルの会社Coluと共同で開発された ‘Belfast Coin’(ベルファストコイン)は、住民が地域経済にお金を使い地域経済に貢献することを奨励しています。

ベルファストの評議会は、コインを受け入れることによって、店舗、レストラン、およびサービスなどの地元企業が参加することを望んでいます。

確かにBelfast Coin(ベルファストコイン)はネットワーク効果、ハッシュレート、分​​散化などの点ではBitcoin(ビットコイン)と一致しないでしょう。

しかしそれは、ベルファストの地域経済に焦点が当てられているからです。

住民は、地元で買い物をしたり、リサイクルしたり、ボランティアをしたり、市民活動に参加したりすることでクレジット報酬をベルファストコインで獲得できます。

この計画が今年後半に完全に開始されれば、使いやすい携帯電話のアプリを通してアクセス可能になるでしょう。

導入に対する反発に対してベルファストコミッショナーのグレイニアロング氏は、計画に対するベルファストの希望を以下のように説明しました。

[Belfast Coin]が地元企業に経済的な後押しをすると同時に、協議会が環境改善を含む他の長期目標を達成するのを助けることが私たちの願いです。この挑戦は、都市通貨をどのようにして住民、企業、そして都市パートナーが一体となって成長を支えることができるのかを探求する機会を与えてくれます。

暗号通貨市場心理の変化

2017年の初め、Coluと共同開発したLocal Liverpool Pound(LLP)も、最初の1か月だけで3000人のユーザーを魅了しました。

しかし、2018年の暗号通貨相場が冬の間に、暗号通貨に対する一般的な感情は失望となりました。

現在はセンチメント(市場心理)が改善されつつありベルファストコインにとっても追い風にあるのではないでしょうか。