ベラルーシ最大銀行が独自の暗号通貨交換所に取組中

地元の報道機関BELTAの報告によると、ベ

ラルーシ最大の銀行であるBelarusbankは、

独自の暗号通貨交換プラットフォームの立

ち上げを検討している。

交換所の計画は、Belrusbankの取締役

会長であるViktor Ananichによって明らか

にされた。Ananich氏は、ベラルーシの

テレビ番組でこう話した。

「我々は、暗号通貨交換を確立する可能性を検討し、それに取り組んでいます。”

デジタル化に注力するベラルーシ銀行

ベラルーシ銀行はデジタル化への注力を強化

しようとしており、さまざまな携帯サービス

プロバイダーと提携してサービスの範囲を

拡大する方法を模索していると伝えられて

いる。報告されている暗号通貨の交換に加

えて、BELTAはまた銀行がまもなく仮想カ

ードを発行する過程にあると述べた。

Ananich氏は、次のように付け加えている。

「現時点では、状況は急速に変化しているので、それらについていく必要があります。」

暗号通貨に対応しているベラルーシ

特にベラルーシ政府が昨年国内で実施される

暗号通貨関連の活動を合法化したことを考え

ると、ベラルーシ銀行の努力は非常に円滑

に進むと推測されている。

アレクサンドル・ルカシェンコ大統領は、

包括的な法律を導入し、暗号通貨の合法

化を認めた大統領令に署名した。

2018年3月28日、大統領令が発効した。

大統領令では、デジタル経済の発展を

促進するために、その国における暗号通貨

関連活動の合法化が規定された。 2023年

1月1日まで続く暗号通貨関連のビジネスの

ための減税を導入した。

銀行主導による最新の暗号通貨交換

ベラルーシ銀行の努力は日本の金融サービス

大手SBIグループのそれと同様のスタイルに

なるだろう。金融サービスプロバイダは、

公開では10月、2018年にデンマークの

Sepiorと提携プレスリリース。

SBIは、オンラインのコンテンツとの

取引を確保するために、そのVCTRADEで

その「しきい値署名」ウォレットの技術を

使用すると発表した。

SBIホールディングスの子会社である

SBIバーチャル通貨は、2018年6月に

VCTRADEを発売し、政府が認可し銀

行が支援する最初の暗号通貨交換所と

なった。その開始時に、VCTRADEは

XRPのサポートを提供したが、

Bitcoin(BTC)とBitcoin Cash(BCH)

での取引は後で発表された。

今月初め、大手暗号通貨交換業者である

Bitstampは、スイスのオンライン銀行

Dukascopyとの提携により、銀行に代わ

ってビットコイン取引を行うことを発表

した。契約条件によると、クライアント

は自分の口座にビットコインを送金し、

スイスのForex市場で取引を行うことが

できる。

[引用 CCN]