AT&Tはビットコイン決済を導入開始

米国の最大手携帯電話事業者AT&Tは、オンライン決済の選択肢として暗号通貨を受け入れることを発表しました。

AT&Tは、暗号通貨決済サービスプロバイダーBitPayを通して決済方法を提供します。

これによりAT&Tからの請求をビットコイン、ビットコインキャッシュで支払うことができるようになります。

AT&Tはこのサービスにより暗号通貨決済を提供する米国初の携帯電話会社であると主張します。

しかし、AT&T は、顧客に暗号通貨決済を提供するためにBitPayを使用した最初の会社ではありません。

電気製品の販売業者であるAvnetやオハイオ州政府を含む多数の組織が、暗号通貨の支払いを受け入れるためにすでにBitPayを使っています。

Avnetは、暗号通貨決済オプションを導入してすぐに多くの高額商品の購入において暗号通貨の支払いを受けました。

この他にもスターバックスなど含め米国の大手企業が続々と暗号通貨決済を採用しているので徐々に暗号通貨が認知され始めています。

日本でもSuicaにビットコインでチャージできるようになると言った話も出ており、今後も暗号通貨の社会での実利用が進んでいくことが暗号通貨の普及につながっていくので注目していきたいです。